ARBと呼ばれる種類の降圧剤の心臓肥大への効果

ARBとはアンギオテンシン受容体阻害薬(angiotensin receptor blocker)の略語で、高血圧症治療に用いられる一種の薬物群の総称です。ARBの具体例としてはオルメテック、ミカルディス、アジルバ、ブロプレス、ディオバンといった薬が挙げられます。ARBはレニン-アンギオテンシン-アルドステロン系の働きを阻害することで、血管を拡張させ、また循環血液量を減少させ、降圧作用を示します。降圧作用はアダラートやアムロジンといったCa拮抗薬には劣ります。しかしながらCa拮抗薬と同じぐらい広く使用されています。それはなぜかというと心臓保護作用、腎臓保護作用があるため、心機能や腎機能の予後がよくなるためです。そこでここでは降圧剤ARBの心臓保護作用の仕組みについて説明します。
ARBはアンギオテンシンⅡがAT1受容体に結合するのを阻害する薬ですが、AT1受容体は血管平滑筋にあるだけでなく心筋にも存在します。血管平滑筋のAT1受容体の阻害によって血管は拡張し血圧は低下します。一方、心筋のAT1受容体の阻害によって心臓肥大を抑制する効果があります。心臓肥大が起こると心臓のポンプ機能が強力になるため血圧が上昇します。また心臓のポンプ機能が強力になる分心臓の仕事量も大きくなり心臓に負荷がかかってしまいます。このような状態が続いてしまうと、血圧が高くなるだけでなく後に心不全となってしまう可能性すらあります。よってこの心臓肥大に歯止めをかけることによって、後に起こる心不全の予防効果も得られるのです。そういった意味でARBは高血圧治療において重宝されているのです。他の降圧剤との併用も可能なので、そういう意味でも使い勝手のいい薬です。