痙攣などを起こす動脈硬化を防ぐ降圧治療と血管年齢

日本においては国民病となりつつあるのが高血圧であり、高齢者になると半数が罹患するという状況ができています。若年化が深刻になってきているということも大きな医療問題として取り上げられるようになってきているのが事実です。血管内の圧力が高い状態が維持されてしまうことによって血管にストレスがかかり、それによって動脈硬化が引き起こされるというのが高血圧の恐ろしい面です。そのため、動脈硬化を防止するために降圧剤による血圧管理が一般的に行われています。しかし、高血圧であるということが判明した時点で既に長い年月が経ってしまっているということも稀ではなく、既に動脈硬化がいつ起きてもおかしくない状態であるということもあります。その進行度合いを調べるために血管年齢の測定がしばしば行われます。降圧治療を行っている場合であっても血圧管理がしっかりとなされていないと血管年齢が上昇していってしまうリスクが高いため、降圧治療と並行して定期的に血管年齢の測定を行うようにしている医療機関が多くなっています。血管年齢が高まるとそれだけ動脈硬化のリスクが高まってしまうため、他のリスクファクターも考慮してその上昇を防ぐ取り組みが行われていくことになります。動脈硬化によって引き起こされる合併症には脳卒中や心筋梗塞などもありますが、痙攣も誘発されます。片側顔面痙攣や下肢の痙攣は動脈硬化によって引き起こされる場合があるものであり、動脈硬化が原因となっているとされているものです。動脈硬化は血管の狭窄や閉塞による血流障害をもたらしたり、周囲の神経を圧迫したりすることから多様な病態を取ることが知られており、そのリスクの高さから周到な予防を行っていくことが大切になっています。