数値定義される高血圧治療に使う降圧剤と薬の相互作用

高血圧治療において目標とされるのは血圧を高くしてしまっている原因を取り除くことであると共に、血圧の値を降圧薬によって正常域に維持することです。高血圧の原因となっているものは心臓や腎臓などの疾患が原因である場合もあり、はっきりとした原因疾患がある場合にはその治療が進められていくことになります。一方、そういった明確な原因がない場合には生活習慣に由来している高血圧である可能性が高いため、食事や運動といった生活習慣を見直すことによって改善を図るのが基本的な治療方針となっています。高血圧は血圧の数値で定義されているのが特徴的な疾患であり、基準値を越えていると高血圧と診断されます。これは、基準値を越えていることによって合併症のリスクが高まることが知られているからであり、そのために降圧剤の使用によって血圧を正常域に保つという対症療法が基本のアプローチとなっているのです。高血圧の根本治療がなされないかぎりは降圧剤を飲み続けることになるため、降圧剤は長期間飲み続けてもそれほど副作用が生じにくいものが多くなっています。しかし、全く副作用がないわけではないことから注意が必要です。一方、降圧剤を飲み続けているために、他の薬を飲むときにも注意が必要になることがよくあります。薬物間相互作用が起こることが知られている降圧剤も多いことに加え、通常時はあまり気にならない微々たる降圧作用を持つ薬が相互作用によって低血圧をもたらすこともあるからです。また、薬だけでなく、食べ物や飲み物との飲み合わせが悪い降圧剤もあります。そういった点に注意しながら生活を送っていかなければならなくなるということは留意しなければならないことです。